人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Asplenium holophlebium

Asplenium holophlebium
Asplenium holophlebium_d0187020_21495572.jpg
エクアドルの業者さんから我らがアイドル菊ちゃんが入手して増やしてくれた超極小アスプレです。
これが本当に小さくて、ハネゴケやウロコゴケと同じぐらいか、何ならそれより小さいくらいの大きさで親株なのです。
1センチメートルぐらいの葉をロゼット状につけて、細い根茎を伸ばしてはランナーの様に時々芽を出してロゼットを形成していきます。
気付けば鉢の中を願を覆ってあちこちから発芽することも。
勿論カットして別株に植え付ければ増やすことができるので、いろんな遊び方ができると思いますよ。

Asplenium holophlebium_d0187020_21512534.jpg
Asplenium holophlebium_d0187020_21495818.jpg
Asplenium holophlebium_d0187020_21495788.jpg
Asplenium holophlebium_d0187020_21505283.jpg
本当にコケみたいに小さい。
栽培も容易で、ミズゴケ植にして密閉ケースなどに入れてLEDで明かりをともしておくだけで普通に育ちます。
原産はエクアドルやコスタリカ、パナマなどで標高は1000mとか200mとか…割と広域なようです。
これだけ小さい雲霧林ぽいシダとなると、やはり暑さに弱いのではと心配になりますが現在暑がっている感じはありませんね。
流石にそろそろクーラーをつけるつもりではおりますが、30℃ぐらいまでは全然平気。
冬も15℃ぐらいでも大丈夫でしたし。人間が快適な環境なら大丈夫と言う熱帯植物的な栽培がうまくいきそうです。
ミストとかも使っていません。
ただ問題は貝とワラジムシです。かなり食害に弱いように思います。水槽に小さな貝や草鞋が大量発生すると真っ先に食われる印象…小さすぎるので軸だけになり結構致命傷かと思いきや、意外と復活するのでこまめに観察してダメージを受けたと思ったら避難させて養生する…と言うやり方で案外復活します。
小さくて柔らかいシダですからそこらへんは仕方が無さそうです。

自生地写真を調べてみると細い枝や、苔生した枝などにそのまま這い登っている姿などが見られてとてもときめきます。
同じように着生させて栽培してみたいです。
苔生した枝だとコケの方が大きいので埋もれてしまいそうな風にさえ見えました。

性質は強健で栽培自体は難しくないので、これもまたパルダリウム向きの植物と思いました。
小さいレイアウトでも苔むした枝を這いまわる着生植物としてとてもいい雰囲気を作ってくれそう…
オオクボシダクラスに小さいのに栽培しやすいというのは雲霧林のシダ好きとしてもかなり胸が熱いものがあるもので…、ずっと愛培していきたいと思えるシダの一つですね。





by green-2-gleaner | 2020-08-10 22:11


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

Trichomanes re..
at 2022-02-09 12:58
Asplenium nova..
at 2022-01-27 15:52
Eugenia bullata
at 2021-11-29 12:08
Pyrrosia shear..
at 2021-11-29 11:41
トロピカルピローモスの栽培に..
at 2021-06-23 16:05

KokeShinoBu-log

フォロー中のブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ撮り歩き

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧