Blechnum obtusatum var obtusatum

Blechnum obtusatum var obtusatum

d0187020_22195812.jpg


そう言えばこちらで記事にしたことがあるような無いような?
胞子増殖まで順調に辿り着いたので折角なのでまとめておきます。
散々オークションの出品説明で繰り返した内容ばかりかもしれませんが(笑)

d0187020_22252498.jpg

d0187020_22261597.jpg
d0187020_22263634.jpg

d0187020_222763.jpg

何度眺めても格好イイ…
何度訪れても見入ってしまう…


ご存知ニューカレドニア固有のブレクナムです。
渓流沿いに生えますが、割と開けて直射日光の注ぐ広めの河川から森の中の細流まで割と広く分布しています。栽培でも、直射日光ガンガンから蛍光灯二灯程度の明るさまで広く適応しますし、室内栽培と屋外栽培両方に適性があります。

渓流沿い植物なのでかなりの水好きです。水中化は一度失敗しましたが未だに水草に関してはド下手なので、水中化できないのではなく単に失敗しただけかも。もう試した人とかいそうですけど結果が気になりますね。
うちでは委縮した小さな葉がゆっくり展開するだけで、一年二年ほど様子を見て結局水上にあげました。水上にあげたとたん元気に育ちましたが…一年以上水中管理してもちゃんと生きているあたり可能性はあったのかなぁ…分かりません。


d0187020_2243999.jpg

水上管理は極めて容易。
基本的に絶対厳守なのは腰水のみ。
とにかく水切れにとことん弱いので水だけは絶やさないようにしてください。
しっかり根付いて居れば、マンションのベランダでも夏場、蓋をオープンにした衣装ケースなどで腰水にしていればガンガン育ってくれます。日光大好き。カッチカチの濃い色をした格好イイ葉が茂ってくれます。
ただし幹が長くなってくると給水が滞るのか、オープンにしていた場合先端部が水切れの様になって枯れたりもしました。株元は生きていたので根元からまた生えて来ましたが…そう言う事もあります。幹が長くなった大株は少し温室などの保湿環境があるといいかもしれません。

温室でもワーディアンでも水槽でも栽培は可能ですし、日光だと葉が格好良く堅く濃い色に、新芽は真っ赤に育って魅力的ですが、蛍光灯でも写真のような風には育ってくれます。

用土は赤玉、鹿沼、富士砂、桐生、ミズゴケなど大体なんでも育ちます。赤玉単用や、赤玉と鹿沼、赤玉と桐生の混合など、化粧に富士砂や桐生を混ぜたり表面を覆うと雰囲気が出ますし、面倒な時はミズゴケでくるくるっとしても普通に育ちます。黒玉土なんかもイイ感じですし、特に用土は選びませんね。

軽石、溶岩、自然石に対する活着性能もなかなかのもので、根の動きがいいため半年ぐらいでばっきばきに活着してくれたりもします。勿論根をむき出しにすると水切れの危険性が非常に高くなるのでその点注意が必要ですが、溶岩石の表面を水が流れるようなテラリウムで滝を作ってやると死ぬほど格好イイです。ヤバい。半端ない。

d0187020_22522644.jpg

増殖に関しては幹や根から子株を吹きます。
写真の株は、用土の中で根から突然芽吹いており、様子を見て株が独立してきたら株分けしても良いですが、そのまま林立させても最高に格好イイですね。
幹から芽吹いた子株も同様で、ある程度大きくなって自分の根を多く持つようになってからもぎ取って植えつけると良く育ちます。
幹についている状態で育てた方が、小株の幹の成長も著しく良いので、出来る限り親にすねかじりさせて幹を大きくしてから株分けするとベストですね。
そうして株分けした株を石などに着けて遊ぶと丁度好いサイズになると思います。

d0187020_2256467.jpg

胞子増殖についても、長らくうまくいかなかったのですが最近ぽぽっと、蒔いて数か月で芽吹いてくれてここまで大きくなったので、どうも今までのやり方がヘタだったようです(爆)
上手な人なら結構生産できるんじゃないですかね…私ももっと胞子増殖気合入れていきます!
今の段階でこの大きさなら、年末には、石付けして遊ぶに丁度いいくらいのサイズにはなっているのかもしれません。

という訳で、胞子増殖がこのスピードで可能であると解れば善は急げで、どんどん撒いて生産力を高めていこうと思います。


宇治宮
by green-2-gleaner | 2016-12-13 19:30


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

ボーダーブレイクアフター
at 2018-06-27 23:00
出撃リスト(写真)
at 2018-06-16 12:47
ボーダーブレイク出撃リスト
at 2018-06-16 11:16
休止中
at 2017-06-21 21:20
GWにて
at 2017-05-03 16:03

KokeShinoBu-log

世界中の不思議な植物に興味があります。
着生植物、多肉植物。
水生植物、渓流植物、高山植物。
シダ植物コケ植物、草本木本、綺麗な花も不気味な花も、美しい葉も奇妙な葉も、根も葉もない植物も、とにかく変なものなら何でも好きです。
主にコケシノブ科植物を探す中、気になった植物を見つけては一緒に持ち帰り栽培しています。

面白い植物の記録をたくさん書いていけたらいいなぁ。

◆お問い合わせは、こちらからお気軽に。
green_green_gleaner☆yahoo.co.jp
☆⇒@に変えてね。
多種を少量採取するスタンスのため、お応えできるかどうかはわかりませんが…

フォロー中のブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ撮り歩き

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧