Crepidomanes intermedium

Crepidomanes intermedium
d0187020_2131371.jpg

d0187020_2133633.jpg


フィジーはタベウニ島で確認したコケシノブ。
カンシノブホラゴケ亜属に分類される…なんて説明するまでも無くよく似た容姿をしていますね。
根茎も這わずロゼット状なので、根茎の長く這うCrepidomanes aphlebioidesと近縁と言われても若干戸惑います。
ロゼットなので何も知らなければCephalomanes属を延々と探し続けることになりそうです。
まぁカンシノブが生えている、で終わってしまいそうだけれど…

見た目は慣れてくると何となくカンシノブホラゴケと違う事が解ってきます。自生地写真はそれがやや顕著なのでは。この姿なら現地で並んでいても見わけられそうです。

d0187020_21382440.jpg

d0187020_21385284.jpg
d0187020_213992.jpg
d0187020_2139338.jpg
d0187020_21394452.jpg

栽培は容易。腰水にして密閉。蛍光灯二灯からLED50wとかで栽培可能。
用土は赤玉などで十分。特に難しいイメージはない。美しくかつ栽培容易。非常に優れていますが惜しむらくは無性芽がどうにも出ない。とにかく無性芽が出まくって増やしまくれるカンシノブホラゴケと明確に異なる点ですがそんなところで見わけたくはなかった。見分けられなくていいから増えてプリーズ。

根から増殖があるみたいなので大株にして根からの芽を吹かせれば増殖は期待できる。数年掛けだろうからペース的にも価格的にも商業増殖なんて夢のまた夢だけれど、ほんの一握りの愛好家さんのために少しずつ届けていけたら素晴らしい。
コケシノブは長い年月をかけて育つもの。彼らの葉根を流れる時間に沿って、のんびりと愛好していきたいものですね…。
by green-2-gleaner | 2015-04-09 21:50


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

ボーダーブレイクアフター
at 2018-06-27 23:00
出撃リスト(写真)
at 2018-06-16 12:47
ボーダーブレイク出撃リスト
at 2018-06-16 11:16
休止中
at 2017-06-21 21:20
GWにて
at 2017-05-03 16:03

KokeShinoBu-log

フォロー中のブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ撮り歩き

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧