パプアニューギニアのコケシノブ科TYPE1

…残念ながら絶えてしまいましたが、とんでもなく貴重な植物と思われますので記載します。

d0187020_818035.jpg

d0187020_19282097.jpg

d0187020_8185443.jpg


Ani-Plaのチェルブさんの採取物です。素晴らしい植物を提供していただいて感謝!
写真も掲載許可を貰いました。

もう一つの写真は入手当初の姿です。
パプアニューギニアの高地にて発見されたこのコケシノブ科。
見た瞬間「なんじゃこりゃ?」で、もう一度良く見ても「…なんじゃこりゃ?」です。

d0187020_19314460.jpg

葉の全体の姿。

d0187020_19321968.jpg
d0187020_1932306.jpg

葉軸には毛が生える…なんて言葉では生ぬるい。
剛毛が生える。とでも言うしかないです。

d0187020_19333082.jpg

新芽まで金色の毛で覆われている。

何だか、葉全体を微細な毛が覆っている特殊な属のコケシノブ科も存在するけれど、それともまた別物のように思える。

d0187020_19352572.jpg
d0187020_19353886.jpg

包膜も奇妙。
ごろごろと、何かの実のような形状。
巨大でコップ型…といいたいところだが、二弁状…に見えなくも無い微妙な形。

d0187020_19375761.jpg

見えにくいが、長く這う根茎。

d0187020_19401332.jpg

葉はブラシのようなつき方をする。
そして非常にゆるい…鋸歯? ある?
無いようにも見える。

曖昧だ。

d0187020_19413096.jpg

謎過ぎるけど、根茎の様子と、葉。
色々ツッコミどころを抜きにすれば、Hymenophyllumと言えなくも無い。
包膜もニ弁と言えなくも無いわけだし。
と言うかそうとしか言いようが無い。
毛むくじゃらのコケシノブ、Sphaerocioniumは包膜の形状で×だし、…そもそもこのコケシノブ、既存の属に当てはまるのか?
パプアニューギニア産だし。
よほどのことがなければ新種なんてものは存在し得ないと知りつつも、少し期待せざるを得ない異質さを持っています。

しかし残念ながら夏を越せず…
むしろ涼しくしすぎて日照を減らしたのが不味かったのか…
もう二度と手に入らないかもと思うと、…辛い。
自らの未熟さを猛省します…


それはそうと…情報求む!
このすばらしいシダについて何かご存知の方、ご教授願えますと幸いに思います。


追記:
と、とうとう名前が判明いたしました。
専門家の方の見解によるとHymenophyllum geluenseという種のようで、
Amphipterumという属に入れられていたこともあるそうです。
そしてニューギニアのこの仲間にはたくさん名前がついているのだとか…ううむ…人の調査の手というのはどこでも入っているものですね…、

それにしても…やっぱりわかる人にはわかるのですね…ネットにはネッ広(誰も知らなさそうなことを知っていたり、誰にも需要がなさそうなジャンルがすでに成立していたり、初めての試みのように思えてもすでに先駆者が存在していたりとか、ネットは広大だなぁ、の意)という言葉があるけれど、…ネットなんて狭い狭い。ネット中を探しても見つからないからって、そんなのはまだまだだったんだな…

世界ってのは本当に広いなぁ、とつくづく。
なんだか、こういう体験をすると、勉強というものを本当の意味でしたくなるよね…
by green-2-gleaner | 2011-02-01 19:54


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

ボーダーブレイクアフター
at 2018-06-27 23:00
出撃リスト(写真)
at 2018-06-16 12:47
ボーダーブレイク出撃リスト
at 2018-06-16 11:16
休止中
at 2017-06-21 21:20
GWにて
at 2017-05-03 16:03

KokeShinoBu-log

フォロー中のブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ撮り歩き

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧