ヒメハイホラゴケCrepidomanes amabileの栽培

Crepidomanes amabile
d0187020_21475078.jpg


ヒメハイホラゴケ?と思われる株です。
この辺のハイホラゴケの仲間は雑種が多く同定が難しいため、正直な所余り自信はありません。
平凡社の図鑑の検索表を引っ張るとこの名前が出てきた…という感じです。
間違っていたらごめんなさい。

また、採取場所も不明です。
確か和歌山だったと思うのですが、まだコケシノブ科にそれほど興味のない時期に採った株でしたのでそれほど詳しくラベリングもせず、また写真も撮っていないので自生地の姿もありません。
ダメダメですね。

しかし立体的な姿は非常に美しいです。
個人的に、ハイホラゴケよりも小さく収まるのでとても好きなクレピドマネスになります。

d0187020_2152886.jpg
d0187020_2152298.jpg

溶岩石に植えつけた株です。
基本的な栽培はアオホラゴケ、ハイホラゴケ、ウチワゴケの仲間に記載した方法に準じます。特に目だって変化することはありません。クレピドマネスの仲間は大なり小なり似たような方法で栽培可能なのです。
せいぜい水分量を増やすか減らすか、光量が多く必要か必要でないか程度の誤差。
クレピドマネスは、コケシノブ科植物の中でも栽培容易であるといえます。

これも、密閉ケース(高さ15㎝のケースに軽石の鉢底石を二cmほど敷き詰め、水を浅く張って気化しやすくし湿度を保ったもの)の中にヒメハイホラゴケの根茎を直接縛り付けた軽石を置いて、メタハラの余光を当てているだけ。
時々霧吹きをするだけで大した手間もなく水換えもせずに一年以上経ちますが、石からはみ出るほどに育っています。

増えた根茎を切り取って75×75mmの軽石に縛り付けた株が二つありますので、活着したら写真を載せます。
by green-2-gleaner | 2011-01-20 22:02


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

ボーダーブレイクアフター
at 2018-06-27 23:00
出撃リスト(写真)
at 2018-06-16 12:47
ボーダーブレイク出撃リスト
at 2018-06-16 11:16
休止中
at 2017-06-21 21:20
GWにて
at 2017-05-03 16:03

KokeShinoBu-log

フォロー中のブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ撮り歩き

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧