Blechnum obtusatum var obtusatum

2010年8月にニューカレドニアにて採取いたしました。
バワの滝近辺のブッシュを当て所なく分け入って、偶然見つけた沢沿いに生えていたものです。
ニューカレドニア固有種。
同じ木立化するブレクナム・ギッバムよりも遙かに小型の、着生型の渓流植物です。

d0187020_1974826.jpg

自生地の姿。これはもっとも大きかった株で泥の上に生えていました。
d0187020_1982627.jpg

沢沿いに岩着生している姿。根はガッチリと岩肌を張って容易には剥がせません。

沢沿いの泥の中、または岩の上に生えるためか非常に水を好みます。栽培中、放置し根を乾かしてしまうと一発で枯れてしまいますので注意が必要です。
腰水で管理しましょう。用度は特に選びません。軽石の鉢底石で根っこを固定しただけでもぐんぐん新芽を伸ばしております。基本は赤玉土や日向土などが良いと思います。また、石に縛り付けても、根さえ乾かさなければ調子よく生育してくれます。
湿度はそれほど高湿度を維持しないでもよいようです。まだ室内では試していませんが、寧ろケースを密閉したままだと葉が硬く締まった姿にならず間延びして曲がってしまいます。
密閉ケースの蓋を少し開けたままにしておくとか、温室などに水槽を置いて蓋をせずに管理する程度だとしっかりした葉をつけてくれます。
また、よく日に当てると新芽が赤く染まって綺麗ですよ。

ただし、まがり間違っても本種を水に沈めようとは思わないように。
一応試してみましたが、三ヶ月ほど沈めて発生した葉は二枚。一cmほどの長さで全く見れた姿ではありませんでした。
水上管理だと多い場合で6枚の立派な新葉を展開しています。
この種は水中はダメです。
by green-2-gleaner | 2010-11-07 19:44


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

ボーダーブレイクアフター
at 2018-06-27 23:00
出撃リスト(写真)
at 2018-06-16 12:47
ボーダーブレイク出撃リスト
at 2018-06-16 11:16
休止中
at 2017-06-21 21:20
GWにて
at 2017-05-03 16:03

KokeShinoBu-log

フォロー中のブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ撮り歩き

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧