人気ブログランキング |

2019/7/29雑記

d0187020_20452725.jpg
兵庫も梅雨明けでどんどん熱くなってきています。
屋外温室の最高最低温度計を見て見ると40℃を超える時間帯もある様子。
つい先日まで、最低温度20℃まで下がっていたというのに急激に夏めいてきましたね。

気付けばあっという間に7月も終わり。
屋内栽培場ではクーラー常時稼働開始。温度は26℃に設定しており、室内そのものは冷え冷えとしていますが、栽培場の中に設置されている温室や水槽内部は光源の影響でそこから少し温度が上昇して28℃から30℃というところ。
しかし太陽が沈み照明が消えればエアコンの設定温度に近いところまで下がるはずで、とりあえず夜温はしっかり下げる、という目標は達成しているはず。
キドニーファーンなどNZ系も含め、この体制で去年も夏越し出来ているので今年もこれで乗り切ろうと思います。

クーラー使えないときは大変でしたけれど、昼間までキンキンに冷やさないといけない! という事もなく、どちらかと言うと夜になっても温度が下がらないほうが危険な感じで、昼間は窓を開けるだけにとどめて夜だけはクーラーを回すとかしていましたね。
水槽の中に凍らせたペットボトルを入れたりしました。腰水との相性も実は良かったり。根を冷やす方法。

今は断熱材を入れた壁と、窓には分厚いビニールカーテンを設置することで保温保冷効率を上げていますし、一人暮らしですからクーラー常時稼働も当然責められることなく悠々自適のこれぞ華の独身生活と謳歌している次第ではありますがどのみちこの報いは電気代として無情にも突き付けられることになるので後が大変恐ろしいです。
三万円…か、四万円くらいかな…
これだけの植物たちに囲まれる代償ですから是非もないね。

陽は高く容赦なく。隙間からの直射日光に十分気を付けて、遮光はきっちり行いましょう。
管理をしっかり行って、暑いの大好きな植物をぐんぐん成長させる。…小さい雲霧林系植物には試練の夏ですが、熱帯低地性植物には歓喜の時。
うっかり葉焼けさせたり水切れさせないように、夏を謳歌したいですね。
ドリナリアもシールドどんどん出させるぞー!
d0187020_21011189.jpg
d0187020_21010638.jpg
ちょっと前まで涼しかったので温室内部に青森のコケシノブが居るんですけどこれが意外とまだ旺盛に成長しているんですが…
先日までの涼しい梅雨、最高に生育条件として良かったらしいですねこれ。
梅雨明けて、涼しい場所にほとんど移動させましたが、ちょっと入りきらなかったので、一部をあえてこのまま置いて様子を見ます。
一体どの程度の気温まで耐えられるのか。どのような条件でダメージを受け始めるのか…
少なくとも昼間40℃近くなる温室の棚下で数日では痛むそぶりを見せないので、ちょっと好奇心が湧いたというのもあります。
さすがに8月の最盛期は厳しい気もしますけれど、今成長しているぐらいですから環境条件によってはもしかして成長が止まってちょっと痛むぐらいで何とか夏乗り切る方法もあるんじゃないか…? とか。
ちなみに棚上にあげたやつは一気に乾燥したので、棚下チャレンジですね。
さてさて、どうなることやら…




# by green-2-gleaner | 2019-07-29 21:07

オークション出品ちうです

久々に色々出してます。オークション出品ちう!


ベゴニアとかまで手が届くかな…無理なら来週に回す。
出品説明を書くための脳が衰えているらしくて、一日にそう何件も植物を出品できないというのが最近の悩みどころです。
衰えたな…いやいや、まだまだですよ?
ツイッターにかまけすぎてブログ書いてないのが大体すべての原因だと思うので、長文を書くという習慣を取り戻さないといけません。
インスタもフェイスブックも書いている途中でご送信されたり挙動がおかしかったりで、出来る限り長い文章を書きたくない、途中で消えたりするのが怖いという念があってこうして落ち着いて文章を書けるの、本当にブログだけしか残ってない気がします…
うーん参る。テキストに書いてコピーして、改行を確認し乍ら誤字を修正して投稿ってしてますけどインスタはそれもできないのでツライ。

でもちゃんと説明したい。いっぱい書きたい。魅力を伝えたい。
ので、何とかします。書きます。これからも。




# by green-2-gleaner | 2019-07-08 21:27

天下一植物界お品書き

KOKESHINOBU-LOG


コケシノブの仲間           


Crepidomanes auriculatum ツルホラゴケ

Crepidomanes kruzii マメホラゴケ

Crepidomanes maximum シノブホラゴケ

Hymenophyllum wrightii コケシノブ

Cephalomanes thysanostomum カンシノブホラゴケ

Callistopteris apiifolia lzon キクモバホラゴケ

Cephalomanes sp lzon オニホラゴケの仲間

Cephalomanes sp Borneo

Hymenophyllum denticulatum ヒメチヂレコケシノブ

Pleuromanes pallidum Lzon

Hymenophyllum sp Lzon色々

Polyphlebium vieillardii ニューカレドニア固有種

Cephalomanes aphelebioides FIJI

Crepidomanes minatum Lzonウチワゴケ

Didymoglossum sp RIO便増殖株


ドリナリアの仲間           

Drynaria involute Borneo

Drynaria pleuridioides Bali

Drynaria bonii 

Drynaria rigidula 

Aglaomorpha cornucopia Lzon

Aglaomorpha meyeniana Lzon

Aglaomorpha splendens Lzon


コケ植物               

Pulchrinodus inflatus ウツクシナゾゴケ

Spiridens reinwardtii キノボリスギゴケ

ピローモス Borneo

(AndPhilippines, Borneo, New Caledonia Moss)


シダ植物               

New Caledonia

Blechnum obtusatum

Blechnum vieillardii

Christiopteris varians

Philippines

Dipteris conjugata

Selaginella sp

Selliguea grauca

Lycopodium sp

Huperzia sp

Elaphoglossum luzonicum

Elaphoglossum blumeanum

Microsorum musifolium

Antrophyum sessilifolium

Teratophyllum lzonicum

Malaysia

Teratophyllum aculeatum

Teratophyllum ludens

Teratophyllum rotundifoliatum

FIJI

Davallia fejeensis


木本                 

Medinilla sp

(Philippines, and Fiji)

Pachycentria constricta 

Codiaeum peltatum
Dendrocnide sp
痛い例のやつ…


その熱帯植物             

Argostemma sp

Elatostema sp

Begonia sp 複数

Cyrtandra sp etc…




持っていく植物をざっくりと列挙しました。

これに加えて状態のよさそうな植物を持っていけるだけ持っていきます。
相も変わらずただひたすらの物量作戦であります。袋詰めの密林の中から目当ての植物を探し出して!

まずどこに何があるかわからなくなるのはいつもの事なので、目当てのものがあればすぐに聞いていただければ一緒にお探ししますので遠慮なくお申し付けください(店主も把握しきれていない可能性)
Begoniaの仲間、Medinillaの仲間は複数種御座います。
コケもたくさん持っていく予定ですが直前に様子を見てパッキングしますので、何を持っていくかは当日までのお楽しみ。
他にもムクムクゴケやセイタカスギゴケの仲間、チョウチンゴケの仲間などいろいろスタンバイはしています。でもいきなりダメになるからなぁ…暑くなってきたし油断して蒸らさないようにしなきゃです。






# by green-2-gleaner | 2019-06-10 13:34

Trichomanes sp.Peru LA便

Trichomanes sp.
d0187020_19223826.jpg

LAさんの2017年ペルー採取株。ソラノプテリスが登場したときのですね。
ふわふわもけもけ下垂コケシノブ。
写真は現在の様子で、長く下垂しているのが現地葉
毛におおわれてふわふわもけもけで可愛いですね。

と、それで説明が済めばいいのですが、
残念ながらこの現地葉はもう古くて多分枯れています。
なので本体はこの上の小さな緑色の葉、
d0187020_19230469.jpg
d0187020_19230888.jpg
d0187020_19231288.jpg
このあたりがメインということになります。
さてさてこの後無事に現地のように長く長く下垂してくれるのでしょうか。
なぜこんなにもたくさん新芽が出ているのに短いままで終わってしまっているのでしょうか。
何か理由がありそうな気がして冷や汗たらたらです。
d0187020_19280438.jpg
d0187020_19280059.jpg
ここからは2017年当初の写真
d0187020_19300579.jpg
d0187020_19295493.jpg
d0187020_19291635.jpg
それにしてもこの支柱にミズゴケを詰め込んで吊るすこの栽培法、うまくハマったなぁと言う感じ。
2017年から一度も植え替えしていませんが非常に順調。
まだまだこのまま続けられそうに思います。
これでどうして育てたものかと思っていた長く下垂するコケシノブを何とか現地らしく育てることにめどが立ったと感じます。
2年安心して栽培できるならこれは中々に優秀。
べちゃべちゃになりすぎるとよくない系のコケシノブがうまく育っているのでこれはどんどん拡大していきたい。
d0187020_19340862.jpg
d0187020_19341200.jpg
下垂してほしいんだけど別に下垂してくれるわけではないというのがネックですけど…
まぁ、元気に育ってくれてるから、いいかな?





# by green-2-gleaner | 2019-06-07 19:34

Pleuromanes pallidumの栽培

Pleuromanes pallidum
d0187020_18494043.jpg

ご存じ雲霧林の妖精。白いコケシノブです。
そういえば栽培成功例をあんまり載せてない気がしたので公開しておきます。
d0187020_18501133.jpg
d0187020_18500399.jpg
d0187020_18495728.jpg
ヘゴ丸太の植木鉢にそのまま水苔で植えこんでいる感じです。
そして室内に置いたビニール温室内で朝日とメタハラ250wを炊いて八時間ほど照射。
完全に乾燥はさせませんがべちゃべちゃでもなく、触っても水分は感じないけどしっとりしてるぐらいを維持
大体この辺の水加減でうまくいったりいかなかったり、奇麗に育ったり育たなかったりが分かれる気がします。
それが出来ればヤシガラでもミズゴケでも栽培できるという感じ…かな?

d0187020_18561967.jpg
d0187020_18562445.jpg
LAさんのスマトラ(だったかな…)のパリダムの破片も無事活着。
一番期待というか、このまま現地のようにヘゴを覆い尽くさんばかりにパリダムが茂ってくれることを期待しています。それまで一体何年かかる事やら。
そして絶やさずに安定させ続けることができるや否や。
環境を変えない事。
環境を穏やかに保つ事。
いつまでも柔らかな湿り気とともにありますように。
d0187020_19152289.jpg
d0187020_19151721.jpg
ミズゴケ植え。ホームセンターにも売っている子の支柱を使ってこんな風に下垂系コケシノブを育てるやり方は他ではあまりないのではないだろうか。
これいいじゃん、目からうろこ! っていう人がいるといいなぁ
どんどん真似して長いコケシノブ育てて(笑)

ヘゴもただのヘゴ棒だとあまり付きが良くないのでちょっとこなれてるぐらいのをストックしておきたいなと思ったり。
なにも着生させていなくてもぶら下げておこうかな…
中々ヘゴも手に入りにくくなってきたのでまたヘゴ丸太とか見つけ次第買いあさっておきたい。
そして新しい着生材の開発だ…

ランに関しては新しい松皮を試験中でこれめっちゃいいじゃん…ってなってますけどコケシノブについてはヘゴを超える着生材がなかなか出てこないのではないか…
オスマンダもなかなか手に入らない。たわしみたいなのじゃなくて実の詰まったほうのオスマンダ…
何かないかなぁ…
新しい何か技法考えなきゃ。







# by green-2-gleaner | 2019-06-07 19:04


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

2019/7/29雑記
at 2019-07-29 21:07
オークション出品ちうです
at 2019-07-08 21:27
天下一植物界お品書き
at 2019-06-10 13:34
Trichomanes sp..
at 2019-06-07 19:34
Pleuromanes pa..
at 2019-06-07 19:04

KokeShinoBu-log

フォロー中のブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ撮り歩き

その他のジャンル

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧