Cyathopsis albicans2

Cyathopsis albicans
d0187020_12511434.jpg

d0187020_12514183.jpg

d0187020_1252270.jpg

これがツツジ科だって言うのがホントウに意味が解らない…
と見つけた当時は思っていましたが今ではしっかりツツジに見えます。慣れって怖い。
日本のツツジもちょっと装甲堅くして反り返らせたらこんな感じかも知れない。うん。言うなればメタルツツジ。経験値多そうです。

http://kokeshino.exblog.jp/20742426/
自生地写真などは前回のをご覧ください。
今回は防水デジカメを電池蓋開けたまま水没させたため(あほの極み)自生地写真を撮れていないのです…

初めて見た時が渓流や湿地沿いだったのでそう言う場所に生えているものと思っていましたが、探して見れば何の事もなく山の中にも、高地にも、普通の平地にだって生えています。
やはりなかなかの強健種のようです。ゴロゴロの富士砂の中に浅く細く根を張りますので千切れやすく、なかなかしっかりとした根は掘れないのですが、腰水で普通に育つのは同じなのでそのように管理すれば容易です。

ただし! 密閉にしてしまうと蒸れて葉が落ちてしまいます。
水切れは注意ですが多湿で空気の循環が悪くなるのも注意が必要です。

ワーディアンや温室での管理が望ましいですね。
低温は試していませんが氷点下に下がることはまずないので栽培でもその点は注意したほうが良いでしょう。高地にも生えるので比較的寒くても行けそうですが、わざわざ熱帯の植物を寒がらせるのは良くありません…

ミズゴケ植えにしていますし、そのままでも発根まではしますが、出来れば用土植えに移行するのが良いと思います。
ツツジですから鹿沼多めの赤玉とかがよさそうですね。サツキなどと同じノリで行けるのかも。
その理屈で言えば養生も鹿沼単用などで水多めでもよさそうですね。

挿し木は難しいカモです…すぐ落葉してしまうので…
でもツツジだし、そうやって増やせたら生産しやすいのになぁ…


温室を確保したら、ニューカレドニア木本に力を入れていきたいと思います。
小さい株で実生までこぎつけれたらいいな…
by green-2-gleaner | 2017-03-19 13:03 | Comments(0)


あの日見たシダの名前を僕達はまだ知らない。


by ゆう

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

まえがき
採取記録(旅の記録はこちらから)
コケシノブ科一覧
渓流植物
水生植物
着生植物
乾燥地の植物
シダ植物
フランシー情報
栽培方法等
New Caledonia採取植物リスト

検索

最新の記事

オクオクしてます
at 2017-03-22 23:44
Sannantha lera..
at 2017-03-21 00:44
Cyathopsis alb..
at 2017-03-19 13:03
Cyathopsis alb..
at 2017-03-19 13:03
Tristaniopsis ..
at 2017-03-19 12:41

最新のコメント

良いですよね~ また面..
by green-2-gleaner at 22:11
まさに、新しい時代を創造..
by green-2-gleaner at 22:41
初めまして! 貴重なコメ..
by green-2-gleaner at 22:37
はじめてコメントさせて頂..
by @kira at 00:32
幹から吹いたり、用土の中..
by green-2-gleaner at 19:37

KokeShinoBu-log

世界中の不思議な植物に興味があります。
着生植物、多肉植物。
水生植物、渓流植物、高山植物。
シダ植物コケ植物、草本木本、綺麗な花も不気味な花も、美しい葉も奇妙な葉も、根も葉もない植物も、とにかく変なものなら何でも好きです。
主にコケシノブ科植物を探す中、気になった植物を見つけては一緒に持ち帰り栽培しています。

面白い植物の記録をたくさん書いていけたらいいなぁ。

◆お問い合わせは、こちらからお気軽に。
green_green_gleaner☆yahoo.co.jp
☆⇒@に変えてね。
多種を少量採取するスタンスのため、お応えできるかどうかはわかりませんが…

お気に入りブログ

LIFE+aq→
A.P.A
RAIN FOREST
雑草好きのブログ
アクア爺
しだ・こけ撮り歩き

ブログパーツ

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行家・冒険家

画像一覧